わくわく^kyoto^とは

わくわく^kyoto^は、ダウン症のある人たちとその家族の方々が正会員の団体です。

 

2013年4月27日に京都府南部でダウン症とその兄弟たちが参加出来る

ダンスサークル「popcorn」を発足致しました。

 

子どもたちの楽しそうな姿を見て、立ち上げて良かった!!という思いと共に

もっとこの子たちの可能性を広げたい! 

将来的な自立を目標に、ダンス以外にもたくさんの経験をさせたい!

そのためには、多くの人に知ってもらいたい。

たずさわってほしい。

手助けをしてほしい。

 

そんな思いから「ダンスサークルpopcorn」から

「NPO法人わくわく^kyoto^」へ、ステップアップ致しました!

 

そして何よりも「ダウン症だけ」のNPO活動をしている団体があまりにも

少なかった事にビックリしています。

 

ダウン症の特性は??

本当の自立とは??

介助ばかりではなく自分でやることの意味は??

一人で買い物に行ける??

わからないことを人に聞ける?

それぞれのコミュニケーションの取り方は??

などなど。

 

そんなかゆい所に手が届く・・・

親だからこそ気づく本当の自立!!

 

わくわく^kyoto^は保護者が立ち上げたNPO法人です。

 

 

 

 

 

活動趣旨

ダウン症の特徴として色々な面があります。

 

まず、短所として漠然とした話を理解するのが苦手です。

 

何を伝えられているのかわからずに固まってしまったり、その場から逃げ出してしまう事もあります。

 

その反面、長所として具体的に丁寧に説明を受けると理解する事が出来るので

ゆっくりですが行動をすることができます。

 

また、マネをすることも上手で記憶力の良い人も多くいます。

 

このような短所と長所を考え、他の障がいを持つ人と一緒に行動すると

100%の力を出し切れず、脇役にまわることが多いと感じられます。

 

そのため、ダウン症だけの環境の中で100%の力を出していけるようにすることが

自立のためにはとても重要だと私たちは考えます。

 

そして、現在も行っているダンスはもちろんのこと、書道や絵画などの、

さまざまな活動をし、また活動をイベントなどでオープンにすることにより

社会と連携できる組織づくりも考えています。

 

そして兄弟を含め、職員やボランティアの方などとの環境づくりを重要に考え、

多くの人と関わることで地域や社会から関心を持ってもらい知ってもらう事も

大切な目的の一つだと思っています。

 

また、親同士も同じ悩みを持つものとして、協力しあい、情報交換や

リフレッシュはもちろん、ここでしかできない事にチャレンジする環境づくりも

必要だと考えています。

 

スタッフブログ

随時更新中!!

Facebookページ

随時更新中!!

無料メルマガ

      準備中
   準備中